車の買取に関する疑問では、所有者本

車検期間を失念していて、車検切れになった車でも、カーセンサーの
車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのが結構あります。


一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。
自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を押した譲渡証明書及び売却委任状があれば本人以外でも代理人契約として売却できます。

ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、事実上売却不能です。


完済して名義変更してからなら売却可能です。



現物査定を受ける場合、タイヤの摩耗などによって査定結果が変わってくるので、痛んでいないタイヤであることが得なのですが、もし古いタイヤだったとしてもあえてタイヤ交換はしなくていいでしょう。評価される額より、タイヤの購入費用の方が高いのです。
また、スタッドレスタイヤ、社外アルミホイールなどがついていれば、外してオークションにかけた方が手間はかかりますが高く売れるようです。



情けない話ですが、これまでに交通事故を何度も経験しています。破損がひどく、自走が困難な場合にはそのままではどうしようもないので、レッカー車で車を運んでもらいます。
そのあと、たいしたお金にはなりませんが、この事故車を車買取業者に連絡し、売る事にしています。廃車処分をするとしてもそれなりのお金がかかってしまいますから、自走が困難な事故車にまで値段をつけてくれる買取査定業者があって、良かったと感じています。車は買い取って欲しいけれどなかなか時間がなく、お店まで行けないという方は、出張査定を利用することをお勧めします。出張査定には手数料や費用がいくらかかるか心配している方も多いようですが、業者の多くは無料で出張査定を行っています。出張査定を申し込む方法としては、WEBを利用すれば24時間いつでも申し込みできますし、大手のお店なら通常はフリーダイヤルでも受け付けています。

車内でタバコを吸っていたことは、車を売る場合、評価を大きく変えてしまいます。どんな消臭手段を使っても、タバコの臭いや、煙やヤニの成分が車内に残ってしまうためです。タバコを吸わない人や、タバコの臭いに弱い人が増加傾向にあります。タバコを吸った痕跡がない車を希望する人が増えており、タバコの臭いのする車は評価が下がるというのが昨今の実態です。



父が十四年間乗っていたワゴン車を買い換えることになりました。
馴染みのある査定業者に、父の車を見てもらうと、ずいぶん年数も古いし、劣化しているとのことで、廃車を薦められてしまい、結局買い取りはできませんでした。
ただ廃車にすると諸費用がかかってしまうので、父はワゴン車を買取業者に引き取っていただきました。

一般的な普通の中古車なら自動車の買取に出すことで高く売ることもできますが、事故を起こした自動車となると引き取ってもらうだけでも十分とお思いになるかもしれません。

ところが、近年では事故車であっても一括査定でいくつかの買取会社に査定をしてもらうと、予想以上の高値で買い取りをしてもらえるチャンスもあるのです。



車の買い換えですが、最近では、買い取り業者を利用して査定に出す人が増えてきました。

その際、気を付けておきたい点があり、売りたい車の事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。


業者に車を売る際に契約書を交わす訳ですが、そこに記載の買取査定規約を読んでみると、事故歴については、わかっている場合にはそれを申告する義務があるとされています。そのため、事故歴などを故意に隠していたことが分かった場合、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも事後減額要求が可能になっております。

事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。