Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問

引越しをした際に駐車場が確保出来なくて、ほとん

Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構多いです。


車の所有者の名義が自分以外になっている場合は、きちんとした手続きを踏む必要があります。



それには名義人の印鑑証明書と実印を押した譲渡証明書及び売却委任状があれば代理人契約という形で売却できます。記入要件があるので、ネットでダウンロードすると良いでしょう。


車の名義が金融会社になっているときは、そのままでは売却できません。ローンを返済し終えて名義変更してからなら売却可能です。マイカーの買取下取り価格は走行した距離よってだいぶ違ってきます。



10万kmを超えた車では下取り価格に期待はできないです。でも、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、1年で1万km以内の走行距離の普通自動車ならば下取りの査定額があがりやすいです。
過去、走った距離が少ないと車の状態が良いと判断されるわけなのです。


車を少しでも高く売るためにも、他の車と比べて特別に惹きつけるところがある場合には遠慮などは一切せずに交渉カードとして利用したいものです。あまりにもしつこくしてしまうと、逆効果になってしまっては元も子もありませんので気を付けることも必要です。他の方法としては、決算時期を狙ったり、一括査定のサイトを使ってみると良い査定額が出る可能性もあります。売却予定の車を査定してもらう場合、たばこの臭いが車内についていたりペット臭などがあるとどうしてもマイナス査定になってしまいます。


ほとんど無臭のつもりでいてもいつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、他人に指摘されて初めて気づくことが多いです。こういうものは第三者の方がわかるので、身近な方に確認をお願いするのも良いかもしれません。

消臭スプレーやルームフレグランスなどを用いても時間をかけて付着した有機系の汚れがニオイの発生源ですから、内装を徹底的に拭き掃除すると良いでしょう。
乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。最近はネットで複数の買取業者に査定依頼できるので、1社による下取りではなく競合見積りにすれば、高値も期待できるのではないでしょうか。下取りにせよ買取にせよ、手間と利益の兼ね合いですが、年式なりの状態の良し悪しで、下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。
そしたら、下取りのほうがかなり安いことに気づきました。

買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、早々に新車を購入しました。
ローンは利息がつくので、頭金を入れて安く済んで良かったと思います。査定依頼してから支払いまでわずか5日です。このスピード感がいいですね。中古車を購入する際に気になってくるのは、年式はもちろんのこと、走行距離になるでしょうね。概ね中古車の走行距離というのは、1年間で1万kmくらいというのが平均的です。
そうすると、10年乗って10万kmほどの走行距離が普通の中古車の走行距離になるということです。
中古車屋に車で行って現物査定を受けるつもりであれば、繁忙期などは待たされることはあるかもしれませんが、予約は要りません。けれどもこうした場合は他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。



つまり本来の価値より低い価格で買われてしまうこともあります。
複数の会社に訪問査定を依頼した方が価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。
査定の専門家にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。


本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、嘘をついてしまったという事実で担当者との信頼関係はもう絶望的になるでしょう。

嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも起こっても仕方ありませんから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

家族名義の車や別居の親族の車なども要件さえ整えば売却できます。

一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。



しかし所有者が既に亡くなっている際は、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。


したがって、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。


一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。



半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、車検が終了している自動車でも売却はできます。
そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。



もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。

それから、あらかじめ車検を通してから売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。
事前に車検を通すためにかかったお金の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。